週刊 スポーツこえむ

スキーと自転車の事を綴ったブログです

滑走日報 - 今年も仙台の同僚と滑りに行く

今日は、会社の仙台オフィスのメンバーと一緒にスノー部の部活動に参加。ある同僚が退職してしまうので、送別会という意味合いもありました。

IMG_8592

2019/02/17(日)

サマリー

  • 場所: 宮城蔵王えぼしリゾート
  • 天候: 雪 時々 晴
  • 気温: -7.0度
  • 積雪: 120cm (石子ゲレンデ)・90cm (高原ゲレンデ)
8:00

昨夜はキュア国分町というサウナ&カプセルホテルに宿泊。そこに同僚に迎えに来てもらって出発。途中で、別の同僚をピックアップ。

10:00

スキー場到着。

雪質は、軽めの雪が降った状況で非常に良いコンディション。同時に、その下には雪が溶けてその後に凍ったバーンがあり、よくエッジがかかるがコケたら痛そうだった。

とりあえず、準備運動を兼ねてフリーランをする。みんな普通に滑られる人なので、気を使わなくて良い。

IMG_8589

11:00

用事があった主賓到着。合流して引き続きフリーラン。

12:00

同僚の1人のスノボのビンディングの部品が飛んだらしく、修理のため一旦休憩。その際、時間がかかるだろうと思って先にカレーを食べていたら、すぐに終わったらしい。かきこむ。ちなみに、よく煮込まれていておいしかった。

その後はまたフリーランに戻る。

IMG_8604

13:00

改めて昼食の時間。僕は飲み物を飲んで休憩。

昼食後は、スノボ組はトリックの練習。スキー組はコブの練習。自分のコブの滑りの状態を同僚のGoProで撮ってもらったのだが、これはひどい。吸収動作が全くできてない。これだと発射して当然だな。

GH010339

15:30

滑走終了。その後、スキー場近くの「まほろばの湯」で疲れを癒やす。

19:00

送別会の2次会(?)ということで、仙台駅近くで日本酒とセリ鍋を食べる。セリ鍋はうまい!十四代も最高!!

21:30

終電の新幹線(はやぶさ・こまち 42号)に乗って、仙台を発つ。良い週末だった。あっという間に上野駅に着いてしまった。

今日のまとめ

  • 仙台には、車で1時間くらいで行ける、雪質の良いスキー場が身近にある。
  • 仙台で飲む日本酒と、セリ鍋はうまい。
  • 昨年同様、物理的に離れているけど、一緒になると知ることができる仕事の情報があるってのを理解した。

滑走日報 - 久々に知人と楽しむ

今日は、6年ぶりに @earth2001y さんと滑りにいくことになりました。ただ、事情があって早く帰らねばならなくなりました。

IMG_8557

2019/02/03(日)

サマリー

  • 場所: GALA湯沢スキー場
  • 天候: 晴
  • 気温: -2.0度 (AM 5:40)
  • 積雪: 370cm

7:59

たにがわ 73号でGALA湯沢スキー場に到着。さすがハイシーズン、12月に来たときに比べてはるかに混んでいる。そして雪量も増えてジジコースの幅が広くなっている。

IMG_8553

9:30

Maxたにがわ 77号に乗ってきた @earth2001y さんと合流。とりあえず準備運動をして、GALA側で足慣らしをする。彼はGALAと石打は初めてとのことなので、簡単にナビゲーションしながらやる。

10:30

石打丸山スキー場側に移る。良い天気のおかげで、標高が下がるにつれて雪がどんどんザクザクになる感触を味わう。この雪で練習すると上手になりますよ!と冗談を交えながら下る。途中、僕が今日見たいものが眼前に現れた。今年架設されたサンライズエクスプレスだ。なお、寝台特急のことではない。

IMG_8558

あれに乗るために、中央口まで下る。サンライズエクスプレスの降り場をすぎると、春と勘違いするくらいのハードな雪が待っていた。

さて、サンライズエクスプレスは6人乗りチェアリフトと、10人乗りゴンドラが同じロープにぶら下がる、世界でも類を見ない大変珍しいリフトである。これ、ゴンドラに乗るときは普通通りなのだが、チェアリフトの乗り方が一風変わっている。ゴンドラのときに誤って先に進めないように開閉式ゲートがあり、その先には動く歩道があって乗り場まで連れて行ってくれる。そして、シートにはヒーターが入っていて暖かい。これで、雪質の良くなる中腹まで一気に上ることができるのである。

その後は、大丸山ゲレンデを中心に回す。観光第2・3エクスプレスは5分待ちの混雑であった。

11:30

お昼の時間。五目ご飯を食す。ごはんは石打のほうがおいしい。しかし窓際に座ったら暑かった。

その時、自宅から急を要する連絡が来た。知人には大変申し訳無いのだが、13:38のたにがわ74号で先に帰ることを伝え、快諾してもらった。せっかくの時間だが、状況が状況だった。

13:00

石打山頂高速リフトに乗って、GALA側に戻り、時間があるまで北エリアを滑る。北エリアは石打丸山ほど混雑していなかった。時間なった頃に、沢のコースと下山コースが分かれるところで別れを告げた。

13:38

たにがわ 74号で帰宅。家の用事にはなんとか間に合った。知人も疲れたらしくその後の便で帰ったらしい。

今日のまとめ

  • ハイシーズンの休日の石打丸山スキー場は結構混んでいる。
  • サンライズエクスプレスの降り場より上が雪質が良い。あれはたぶん雪不足のときにも人を上げるために使えるようになっているのではないか。
  • レベルの近い人と滑ると楽しい。

滑走日報 - 今日のキロロはカービング日和

ハイシーズンなのに、静かな天気のキロロ。ただ、今日は2時間滑ったらもう帰らねばなりません。

IMG_8516

2019/01/22(火)

サマリー

  • 場所: キロロスノーワールド
  • 天候: 晴 のち 雪
  • 気温: 山頂 -14度, 山麓 -10度 (AM 7:00)
  • 積雪: 山頂 260cm (前日比 +10cm), 山麓 200cm (前日比 +10cm)
9:00

朝食を食べて、滑走開始。相方とおチビはスノーパーク(雪遊び広場)へ。JALPAKのクーポンがあり、おチビの分は課金されない。

今日はゴンドラが動いていた。そして夜半からの雪はやんで、風は静か。早朝に整備されたてのゲレンデがいつでもお客さんを受け入れられる状況になっていた。

とりあえずゴンドラに乗り込んで、朝里ダイナミックコースを一息で滑る。何という至福のひととき。

もう一度ゴンドラに乗り、今度は朝里第二コースをぐるぐる回す。時間切れまでぐるぐる回す。ここのスキー場はオフピステかバックカントリーエリアに行く人が多いようで、圧雪コースは本当に空いている。

最後は、余市第一Aコースを通ってスキーセンターへ。

快感しかない。

11:00

滑走終了。残酷である。帰らなければならない。こんなに天気が良くて、こんなに雪のコンディションがいいのに、帰らなければならない。

12:40

バスに乗って、飛行機はJL518便に乗って、さらにまたバスに乗って帰宅。快感の余韻とおチビを連れて帰る戦いが交錯する家路であった。

まとめ

  • 思い出に残るコンディションだった。
  • 朝里第二エクスプレスに乗っている人は、ファット板を履いている人ばかりで、ここはパウダー狙いのスキー場なんだと改めて感じずにはいられなかった。
  • 次はいつ来れるんだろう。

滑走日報 - キロロのゴンドラは運休

おチビは今日もスキースクールへ。今日は夫婦でのんびり滑る日です。

IMG_8471

2019/01/21(月)

サマリー

  • 場所: キロロスノーワールド
  • 天候: 吹雪 時々 晴
  • 気温: 山頂 -9度, 山麓 -6度 (AM 7:00)
  • 積雪: 山頂 260cm (前日比 +13cm), 山麓 200cm (前日比 +13cm)
9:30

朝食を食べて、おチビをスキースクールに預ける。おチビ、インストラクターさんの顔を見るや、にこにこしながらスキースクールの中へ走り去っていった。

そして滑走開始。しかし、天気が荒れていてゴンドラが運休。これがキロロのハイシーズンの洗礼かー、と思うには十分だった。

View this post on Instagram

Good morning from Kiroro! Great start of the week with 13cm of freshies! See you on the slopes! 🏂🎿 . . おはようございます! 本日は13cmの降雪量です☺ 気温が低いので防寒対策はしっかりとしましょう!! 視界も注意あ必要ですので滑走の際には十分にお気を付けください。 今日も皆さんのお越しをお待ちしています! . Temps(気温): -9℃ at peak (山頂) / -6℃ at base (山麓) Snow (積雪): 260 cm at peak (山頂)/ 200 cm at base (山麓) Snowfall in 24 hrs (24時間降雪): 13 cm at peak (山頂)/ 13 cm at base (山麓) Total snowfall (25/11/2018 - this morning at 07.00) シーズン総降雪量(2018/11/25~今朝7:00現在): 812 cm at peak (山頂) / 770 cm at base (山麓)

A post shared by Kiroro (@kirororesort) on

まずは、相方を連れて余市第一エクスプレスへ。余市第一Bコースは、バーンは広いものの長峰第一コースよりやや急な初級者コースということもあり、相方にとってはちょっとチャレンジングな選択ではあった。ただ、昨日の成果と雪質の助けもあり、休憩もせずにしっかりと制動をかけて滑って降りてくることができていた。良い。

その後は、ここと長峰第一を行き来してのんびりと過ごす。ゴンドラが止まってなければ林間コースへ行きたかったらしい。とはいえ、初級者に楽しく滑られるバーンが揃っているところはキロロの良いところだなと思った。

11:30

長峰第一エクスプレス降り場近くのレストハウスカレーラーメンを食べる。今日から北海道内の小中学校は三学期らしく、レストハウスは大変空いている。オーストラリアと中国の人がほとんどで、日本人が店員さんくらいしかいなかった。下手な外国より外国感がある。

12:30

ここから二手に分かれて、好きなコースを滑ることにした。

僕は長峰第二エクスプレスに乗って、昨日に引き続き長峰第二Bコースへ。今日は雪が降り続いていて、新雪も積もり続けている。本州ではあまりできない、ふわふわと新雪の上を浮きながら滑るというのをやってきた。ノーマルのカービング板なので結構沈み込むのだが、それはそれでよしとする。ただしコブ、お前はうまく乗りこなせん…

気分を変えて圧雪されているAコースに行くと、今度は麓から吹き上げてくる強風で体が前へ進まない+ごっつ寒い体験をした。びっくりするほど寒い。しかし、そんな合間にも晴れ間が出たりする。

14:15

相方とうまく合流できたので、コーヒーを飲みつつ休憩タイムにはいる。JALPAKのクーポンに、シェラトンのラウンジでドリンク一杯無料クーポンがあり、これを使用。良い夫婦の時間。

15:00

相方の希望により、おチビの練習風景を観に行く。おチビはきょうになるとターンまでこなせていた。相方は我が事以上に喜んでいたのが印象的だった。

その後、インストラクターさんから講評を聞く。ターンの件には触れられていて、この点は昨日より成長があったとのこと。あと、昨日より人が少なくて練習回数を回せていたように思う。なお、多い日は総勢100名を越える受講生が来るらしい。

この後、改めて余市第一Bコースへ行く。

16:20

滑走終了。おチビを迎えに行く。とても楽しそうであった。花を回したり、くねくね滑ったと楽しそうに話していた。楽しそうにしてくれていたことが何よりだし、そうしてくれたアニーキッズスキーアカデミーのインストラクターさんに感謝。

そして、おチビがブーツで歩く速度が、相方よりはるかに速くなっていた。相当慣れてきたと見た。

18:00

夕飯は、話題作りにトリビュート・ポートフォリオ ホテル側(旧ピアノ)のアイススターレストランへ。氷のレストランなのだが、これが予想以上に寒い。-5.5度。スキーウェアを着てチーズフォンデュを食べるというものなのだが、どんどん食べないと体が冷える。そして赤ワインがどんどん冷えていく。白ワインにすればよかったと思った。

IMG_4956

その後、トリビュート・ポートフォリオ ホテル側の大浴場で寒い体を温め直す。スキーセンター側のお風呂より広くて良い。

まとめ

  • キロロの吹雪はなめたらあかんなと思った。
  • 風呂はトリビュート・ポートフォリオ ホテルまで行ったほうが良さそう。
  • アイススターレストランは話題作りには良い。ただし普通に食べるならその他の暖かい部屋のレストランが良い。

滑走日報 - キロロの雪質を楽しむ

今回の家族スキー旅行で、丸一日自分の時間を持って滑ることができる唯一の日です。相方とおチビはスキースクールへ入って練習です。

IMG_8437

2019/01/20(日)

サマリー

  • 場所: キロロスノーワールド
  • 天候: 雪
  • 気温: 山頂 -9度, 山麓 -6度 (AM 7:00)
  • 積雪: 山頂 260cm (前日比 +3cm), 山麓 200cm (前日比 +3cm)
8:30

朝食を食べて、滑走開始…ではない!相方とおチビの道具のレンタルと装着の対応に追われた。

何が一番困ったかというと、スキーブーツを履いて歩けないのである。自分は慣れてしまっていて全く意識していなかったのだが、ふたりとも道具を持ってなんてのは難しくて、歩くので精一杯だったのだ。なので、おチビはスキースクールの食堂まで普通のスノーシューズで歩いていってもらって、そこでスキーブーツを装着。相方も自分が板を履く直前までスノーシューズで立ち回れるように対応。

この時点で汗が吹き出ているし、たちまちゴンドラの運行が始まる時刻になってしまった。

最後に相方が習うスキーのインストラクターさんに申し送り事項を伝えた。「制動まではできます」と。

10:00

やっと、やっと、ゴンドラに乗れた。

View this post on Instagram

Good morning from Kiroro! Super #bluebird shot from @bucksnorts @samwatsonphotos 🙏 Please tag your favorite shot with #kirororesort! . . おはようございます! 今日は3センチほど降雪がありました!! 気温も昨日よりは落ち着いていますが、 防寒対策はしっかりとおねがいします! . Temps(気温): -9℃ at peak (山頂) / -6℃ at base (山麓) Snow (積雪): 260 cm at peak (山頂)/ 200 cm at base (山麓) Snowfall in 24 hrs (24時間降雪): 3 cm at peak (山頂)/ 3 cm at base (山麓) Total snowfall (25/11/2018 - this morning at 07.00) シーズン総降雪量(2018/11/25~今朝7:00現在): 802 cm at peak (山頂) / 757 cm at base (山麓)

A post shared by Kiroro (@kirororesort) on

そう、ゴンドラが動くほど、今日は天気が良かった。まずは、朝里ダイナミックコースをひと滑り。日曜日とはいえ思ったほど混雑はしておらず、大変気持ちよく滑り降りてくることができる。

もう一度ゴンドラに乗り、今度は朝里第二コースを滑り降りる。少々うねりのある斜面だが、逆にそれが単調にさせなくて楽しい。そして雪質が本当に良くて、しっかりエッジを噛ませながらターンすると頭から快感物質がドバーッと出てくる。本当に出てくる感じがする。このあと、朝里第二エクスプレスリフトを回して楽しむ。

続いて、余市側へ。余市第二AとB、それぞれ滑り比べる。こちらは朝里側に比べて斜面が広く、のびのびとロングターンができる。ただ、たまに制動不可能な状態で突っ込んでくる人がいるので気をつけたい。

11:50

相方のスキースクール 午前の部が終了。ファミリーゲレンデは1本だけ、その後は長峰第一エクスプレスリフトに乗って、長峰第一コースで練習していたらしい。当初設定した講義内容は初心者コースだったと思ったが、既に初級者コースになっている。すばらしい!

スキーセンター2階のカフェでトルティーヤを食べて休憩。

スキースクールの午後の部までまだ時間があったので、1本だけ長峰第一コースを二人で滑りに行く。滑っている様子を見ていたら、確かにプルークボーゲンでターン・制動が確実にできていて問題なかった。スキーは教わったほうが上達が早いというのを改めて感じるのであった。

ちなみに、おチビはアニーキッズスキーアカデミーのサービスの一つである、給食サービスでお昼を食べているので、迎えに行く必要がない。

13:20

相方はスキースクール 午後の部へ。僕は長峰第一エクスプレス→長峰第二エクスプレスと乗り継いで、長峰エリアの上半分へ。

長峰第二C→A→B→…と滑る。CとAはほぼフラットで適度な斜度があり、カービングをして滑るととても楽しい。

さて、問題はBだ。この日は程よく掘れているコブのラインが2つあった。だから入った。後悔はしていない。だけどもうまく滑れなかった。残念。ここで脚力を一気に消費した。

14:30

おチビの様子を見に、アニーキッズスキーアカデミーの「アトリエ」と呼ばれるレッスン専用のゲレンデへ向かった。ここにはスノーエスカレーターがあって、リフトに乗れない子もスキーの練習を始めることが容易にできるようになっている。模様は公式動画があるのでどうぞ。

おチビは楽しそうに、パラレルでちょっかりをしたあと、プルークスタンスで制動をきちんとこなしていた。板を履いて歩くのも難なくやっていた。上達が早い。滑走日数 人生1日目とは思えないレベルだった。

15:20

おチビのスキースクールの時間が一旦終了。このあとはレクリエーションの時間なのでまだ戻っては来ないが、インストラクターさんからの講評がこのときにあるので聞きに行った。伝えられたポイントをいくつか。

  • 本当に初めてとは思えないほど上手に滑っていた (よかった)
  • 道具の使い方は一通り覚えた (自分で板を履いたり脱いだりできるようになっていた)
  • 制動はきちんとできている ただプルークスタンスがまだきちんとでき切っていない
  • このスクールでは止まるとき以外はパラレルスタンスを徹底させているらしい というのもプルークだけで覚えるとパラレルに切り替えるときに大きな壁ができる(これは大人も同じ)ためだから
  • 今後一緒に滑るなら緩斜面から やや急斜面のときは斜滑降を繰り返させて降りられるようになればOK

それにしても、半日の間、スキーのスキルの上達をさせることもさることながら、飽きさせずに子供が講義を受ける体制にできているのは本当にすごいと思った。

その後、相方がスキースクールから帰ってきた。なんでも山頂まで行って林間コースを滑って満足気であった。せっかくなので、もう一度、長峰第一コースに滑りに行く。ここは緩斜面なので初級者を連れて行きやすくてよい。慣れ始めたと思って急斜面に連れて行って、怖がらせるのが最悪パターンであるのでそこは気をつけている。

16:30

おチビをお迎えに行って、本日の滑走は終了。

18:00

日本食レストランへ。おチビは飯を食べずにそのまま食卓に突っ伏して寝てしまった…。疲れたのだろう。
その後、大浴場へ。

風呂がてら洗濯をしようと通りかかったルームキーパーさん(たぶん東南アジア出身)にランドリーの場所を聞こうとしたところ、英語で話すことになった。お客さんも英語圏か中国語圏のひとばかりで、日本人をあまり見かけない。もうここは日本ではないのかもと思ったりした。

まとめ

  • 天候の良い日のキロロはカービングが楽しい。
  • アニーキッズスキーアカデミーのホスピタリティは国内随一。一日預かってくれて上達も早い。そして、一日親の時間が作れるので最高である。
  • キロロはほぼ外国である。公用語は英語か中国語である。