週刊 スポーツこえむ

スキーと自転車の事を綴ったブログです

滑走日報 - コロナウイルスなんてぶっ飛ばせ!

コロナウイルス騒ぎが深刻度を増し、3月から小中高等学校は月内いっぱい休校になるほど。そして、厚生労働省の発表によると「一方、スポーツジム、屋形船、ビュッフェスタイルの会食、雀荘スキーのゲストハウス、密閉された仮設テントなどでは、一人の感染者が複数に感染させた事例が報告されています。」とのこと*1

しかし、スキーのゲレンデ自体は、公園と同様に広々としていて、いわゆる「濃厚接触」しづらい状況のはず。ということで、僕とその家族は、レンタカーでスキー場に向かったのです。


2020/03/01(水)

サマリー

4:30

3時起床、そして自宅を出発。関越道の渋滞を避けるにはこの時間までに出発が必要だった。

5:20

関越道 三芳PAでトイレ休憩。北上する車でそれなりに交通量はあったものの、渋滞は起きていない。この辺りで空が白くなり始める。

6:45

関越道 赤城高原SAで再びトイレ休憩。自家用車で盛況。しかし、渋滞は起きていない。順調。

7:40

石打丸山スキー場 中央口前の駐車場に到着。関越トンネルを抜けた時、雨が降っていて「まいったなぁ…」と思ったものの、スキー場は雨があがっていた。少しほっとする。

そして、ゴンドラ乗り場に近い場所に駐車することができた。かなり空いている。みんな来るのをやめてしまったのだろうか。

8:00

スキーセンターでチケットを購入。ランチパック券 5,400円を相方と二人分購入。これには、ランチ 1,000円券、そしてレンタル 1,000円券がついていてお得。その後、相方と息子用の道具をレンタル。スキーセンター内はとても空いていて、濃厚接触なんてどこ吹く風である。しかし、さみしいものでもある。

8:45

サンライズエクスプレスのゴンドラに乗って、中腹へ。特に並ばずにすぐに乗車することができた。降り場あたりでガラポン抽選会をやっていた。実は事前に開催するかTwitterで公式の中の人に聞いたところ、今日はやるとのことで予定通り開催されていた。チケットも当たるらしい。

息子が2回(僕と相方の分)を引いたところ、5等 魚沼産コシヒカリ 150gと、6等 おもちゃをもらった。6等にはオリジナルステッカーもあったのだが、息子の意向でおもちゃに。チケット欲しかったなー、感覚としては結構当たっていた模様。


9:00

軽くアップした後、北丸山ファミリーゲレンデへ。

今日、心の中に誓ったことがある。「絶対に叱らない、褒めまくろう。」と。僕はゲレンデで見てきた、お父さんがスパルタ教育をしてやる気を失ったお子さんの数々を。それに、昨年キロロで練習した成果もある。行けるのではないか。

でも、そんなに単純じゃなかった。リフトはなんとか乗れた。しかし、北丸山ファミリーゲレンデの斜度でも怖いという。一緒になって滑ったものの、ひとりにするとやっぱり怖いという。こけるとなかなか立てないのも辛みのひとつだった様子。

結局、2本だけ滑って終了。キッズ向けスキースクールはきちんと教えるノウハウを持っている。なんか、息子にはちょっと悪いことをしてしまった。

11:00

少しだけ雪遊び広場で遊んだ後、家族でランチへ。モンブランさんにお世話になる。僕は南蛮ナポリタン、相方は焼肉定食、息子は相方のものを分けてもらいつつ、わらび餅を食べる。石打丸山スキー場のランチはどこもおいしい(毎度言ってるな)。

12:00

僕は大丸山ゲレンデへ。相方と息子は再び雪遊び広場へ。

大丸山ゲレンデに行くと、完全に春の雪。重い重い。そのまま銀座ゲレンデまで滑り降りると、今度はブッシュが出始める。例年なら、この状況は3月末くらいの陽気。過ごしやすいが、これでは3月末まで雪は持たないのではと心配になる。

そして、この混雑度。休日の昼間なのに、観光第3エクスプレスは待ち時間なしで乗れるという。本当に多くの人が外に出るのをやめてしまったみたいである。平日の昼間みたいである。

その頃、二人はチューブで滑って遊んでいたらしい。

12:30

疲れたので、僕も雪遊び広場に向かう。二人は楽しそうに雪合戦をして遊んでいた。越後湯沢の湿り気のある雪質はよく雪が固まり、雪合戦には最適である。そして、石打丸山スキー場の雪遊び広場は、チューブやシャベルなどの雪遊び道具が無料で借りられる。非常に太っ腹なゲレンデである。

うちの息子は滅多に雪を見ないので、本当に楽しそうに遊んでいた。雪を好きになっていてくれさえすれば、大きくなった時にまたスキーで滑るチャンスもあるはずである。そう信じたい。


13:00

レンタルは13:30までなので、下山の用意をしなければならない。しかし、息子が雪遊びをしたい、帰りたくないとめっちゃごねる。ごねまくる。サンライズエクスプレスの下り線の乗り場の前でごねまくって、みかねたゴンドラの係員さんがカントリーマアムをくれた。本当にありがとうございました。

その後、なんとかゴンドラで下山に成功。レンタルのスキー道具も無事に返却。

しかし、麓のゲレンデ、滑って良いことになっているものの、本当に悲しくなる光景であった。雪は降らないし、コロナウイルス騒ぎが相まって、全てのスキー場にとって過去にない厄年だったのではないだろうか。


14:15

石打丸山スキー場を発つ。渋滞を避けるために、午後イチで終了とした。塩沢石打インターから関越道に乗ると、たちまちスキー場がよく見える。

14:50

関越道 赤城高原SAへ入る。ここまでは順調。リニューアルされてきれいになっていた。ここで、ソフトクリームと、コーヒを買ってちょっと休憩。

16:20

東北道 佐野SAに入る。関越道を走っている際、高崎ICを通過する時に坂戸西SIC付近で事故が発生しているという情報を得たため、北関東道を経由して東北道に迂回した。このルートでよく迂回しているのだが、特に事故の渋滞が長くかつ通過に時間がかかりやすいものなので迷わず判断。あとで15km以上まで伸びていたと聞いて、正解だった。それに、東北道は日曜日の夕方と言うのに全く渋滞していなかったのも驚き。

駐車場も普段と光景が違い、なんと観光バスが1台(もう1台はウィラーのツアーバス)しかいない。高速道路を走る観光バスももちろんほとんど見ない。みんな、旅行をキャンセルしてしまったのだろう。


17:45

自宅に到着。その後、レンタカーを無事返す。

息子は、帰宅後に「雪遊び楽しかった!また行きたい!!」と言っていて、とても安心している。

とはいえ、新幹線とは違い、日帰りで越後湯沢周辺のスキー場に行くのは疲れる。自分一人で運転しなければならない(相方は大型自動二輪しか持っていない)ので、交代できないのも一つあったのだと思う。それに、渋滞がなくてこれとは。今度行くときは、泊まりで行くことにしよう。

まとめ

  • こんなときだからこそ、旅をしよう。もちろん、気をつけながら。
  • 越後湯沢エリアのスキー場に行くなら、泊まりで行く方がいい。
  • 子供、特に未就学児と滑るなら、去年すべられたとしても、改めてキッズ向けスキースクールに入れてからの方が良さそう。

滑走日報 - 文句なしの天気

いやもう、今シーズンの中ではトップレベルの当たり日でしょう!

f:id:koemu:20200212094123j:plain

2020/02/12(水)

サマリー

  • 場所: GALA湯沢スキー場
  • 天候: 晴
  • 気温: -4.8度
  • 積雪: 240cm

-

8:11

たにがわ 401号でGALA湯沢駅へ。

今回も、平日限定自由席プラン。今年は8,500円、割引券やロッカー券サービスは無し。とはいえ破格。

車中で「6号車できっぷを落とされたお客様がいらっしゃいます。お心当たりの方は乗務員室まで…」というアナウンスが。まさか自分じゃないだろうと思って調べたら、なんと、きっぷがない!やっちまった。平謝りで車掌さんからきっぷを返してもらう。自分のものだったという証明は、帰りの切符とシリアル番号が同じだったということから。最近、めったに紙のきっぷを使わなくなったせいか、不用心だった。気を付けないと。

その後、車内Wi-Fiがあるのをいいことに、江頭2:50のビデオを見たりして笑ったり、スキーの教則ビデオを見たりして過ごす。そうこうしていると、あっという間に到着。

8:30

滑走開始。放射冷却で締まったバーンに、良い天気。そこにいるだけで爽やかな気分になる、そんな日。

今日は暑くなるらしいので、ウェアの下は機能性インナーだけ。それでも十分に心地よい天気だった。いつも通り、メロディで足を慣らし、エンタテインメントで体を動かし、ジジでテンションを上げていく。そして、しばらくしたら北エリアへ移動。なお、今日からガーラ湯沢スキー場屈指の難易度を誇る 260万ダラーがオープン。

9:30

石打丸山スキー場へ移動。チケットを買いに、中央口のリゾートセンターへ。今年もやっていました、ガーラ湯沢スキー場のリフト券があれば、2,000円で石打丸山スキー場のリフト券が買えるお得なプランを使用。なお、ガーラのスキーセンターの窓口で存在はあらかじめ確認済み。これ、裏メニューなのどうしてなんでしょうね*1

早速、サンライズエクスプレスのゴンドラ側に乗って、銀座ゲレンデへ。これがめっちゃ空いていて、ロングターンやバリエーショントレーニングを気兼ねなくできる。本当に嬉しい。そして、2月に入ってようやく麓まで滑って降りられるコンディションになった。今シーズンの雪の少なさは本当に悲しい。

石打丸山スキー場の、湿度の高い雪がごまかした滑りを許さない。しっかり板に乗らないと、思ったような板の操作は難しい。ただ、それが上達を促すという考え方もある。観光第2エクスプレスを使って銀座ゲレンデを回しながら、じっくりとバリエーショントレーニングに打ち込む。他にもバリエーショントレーニングをしている人がちらほらいて、みんながんばっとるのう、僕もやってますよ、という気持ちになる。

11:10

お腹が空いたので、観光第3エクスプレスを登ってレストランへ。「居酒屋けんちゃん」に入る。日替わりランチ 750円とスキー場内では結構安い。今日のメニューは焼きカレーセット。おいしくいただく。一つだけ気になったのは、ランチタイムもタバコが吸える、ということかな。できればランチタイムは禁煙が嬉しい。


11:45

午後の部スタート(ギリギリ午前だが)。とりあえずハツカ石ゲレンデまで降りて、ゆっくりとプルークスタンスで体を確かめながら、改めて体を温める。というか、3月かと思うほどに暑い。

徐々に、ハツカ石 クルーザーゲレンデで勢いを上げて、改めて銀座ゲレンデに。ここからは、ずっと銀座ゲレンデ→スポーツマンコース→サンライズエクスプレス チェアリフト側をぐるぐると回し続ける。ガッツリとロングターン、ショートターンを繰り返しながら、サンライズエクスプレスのチェアリフトに座ると、これがなかなかの座り心地。シートヒーターもさながら、ハイバックのシートが心地よい。たぶん日本屈指の座り心地だと思う。素晴らしきインターバルタイム。

そうこうしているうちに、体が思い通りに動くようになってきた。そして、雲も出てきて気温の上昇もストップ。ゲレンデも大きく緩まずにコンディションがなんとか保たれており、滑る楽しさを壊さなかった。

14:30

ガーラ湯沢スキー場へ戻り始める。いつも思うが、ガーラ湯沢スキー場に戻ると、標高が高いせいか、やっぱり雪質はいいんだなと思う。ジジで改めて滑ると、体が朝より断然動く。雪質に助けられ、ちょっと上手くなった気がする。

14:50

滑走終了。ぐびぐびとポカリスエットを飲みきる。

15:35

たにがわ 78号で帰宅の途につく。新幹線車内は子供がたくさんいて大変賑やか。まるで帰省時の東海道新幹線のようだった。この時間なら、18時前には自宅に着ける。新幹線はすごい。

今日のまとめ

書こうとしたら、以前の記事と全く同じ感想になってしまった。

koemu.hatenadiary.jp

*1:逆は1,500円に値上がり

滑走日報 - 引き続き雪が少ない

2月ですが、GALA湯沢スキー場の下山コースはまだオープンしません。それほどに雪が少ないのです。


2020/02/02(日)

サマリー

8:11

たにがわ 401号でのんびりとスキー場に到着。スキーラックがあるE2系なので、上野駅からもスキー板を置くのに気を揉むこともない。

8:30

滑走開始。雪は幾分降ってマシになり、周辺の標高の低いスキー場もオープンするコースが増えたせいか、前回来た時よりは混んでいない模様。とはいっても、ここは比較的混んではいると思う。今日は1日フリーラン。

10:00

ずっとフリーランをしていると、喉が乾いてきて疲れた(えっ)。ということで、チアーズ 2Fのブルーシールアイスクリームで、コーヒーをいただく。300円。アイスクリームは食べずに…。結局30分くらいいてしまった。


10:30

滑走再開。非圧雪コースのスーパースワンへ。コブの練習である。

怖がっていても滑らないと滑られるようにならないので、とりあえずがんばって入った。プルークスタンスならなんとかこなせるけど、パラレルはまだまだ。横でスクールの人たちが滑っていたのですが、僕も今度は改めてスクールに入ってがんばってみようと思う。

12:30

滑走終了。お腹が空いたのでこの辺で。

今日も、スキーセンターのレストランでお昼を食べる。また、豚汁定食。1,150円。Suicaで支払ったらSuicaペンギン メモ帳をもらった。


13:38

たにがわ 74号で帰路につく。E7系なので、偶数号車を予約して、スキー板をスキーラックへ収納。これでよし。流石にこの時間の新幹線は空席がいくらか見られる。

まとめ

  • コブに慣れるためにスキースクールへ行かねば。
  • 自分が本家のブログに書いた攻略法の通りに過ごした気がする。
  • もっと雪が降ってほしい。

滑走日報 - 2019-2020シーズン シーズンイン

今年の雪の少なさは異常ですね。昨年末にシーズンインできなくて、いつの間にか1月中旬になってしまいました。

f:id:koemu:20200111083547j:plain

2020/01/11(土)

サマリー

  • 場所: GALA湯沢スキー場
  • 天候: 快晴
  • 気温: -3.8度
  • 積雪: 110cm
7:40

とき 301号→たにがわ 71号でGALA湯沢駅に到着。3連休初日で、指定席が取れず、始発のときの自由席で越後湯沢駅まで行き、そこからガーラ湯沢行きに乗り継ぐ。たにがわ71号は自由席が3両しかなく競争も激しそうだったので東京駅からは乗ることはしなかった。新幹線特急券は、通常は通しで使えるのでこういう技が使える。

今年は雪が少なく、ガーラ湯沢スキー場でさえオープンが年末までずれ込んでいた。そして、南エリアも今日からようやくオープン。越後湯沢周辺では、麓までオープンできていないスキー場がまだあるらしく、本当に悲惨である。

8:00

滑走開始。とりあえず滑り出したところ、ブッシュとかは出ていなかったので安心する。しかし、3月を思わせるような暖かい晴天と、ガリガリのバーン。通常、1月というと吹雪いていて寒いものなのだが、今年は違う。

一方で、秋から始めた筋トレの成果をひしひしと感じる。通常、自分のシーズンインは板が踏み込めなくてふらふらするのが定番だったのだが、今年は違う。軽くプルークボーゲンでポジションを確認した後、エンターテイメントコースを一気に滑り降りると、外足がしっかり踏み込めるし、何より怖くない。

10:00

今年もスキースクールへ入校。上級コースを選んだ。今年はスキースクールの建物が建て替えられ、集合場所がほんの少しだけ変わっていた。まあ、例年通っている人は迷うことはない場所ではある。しかし、スキースクールの建物に移った受付(ゴンドラを出て左だったのが右になる)が狭くなってしまい、めっちゃ並んでいて少々困ったりした。

今回のメニューは、クロスオーバーと外傾である。人が多すぎて2グループに分かれてスタート。
「まずはみなさん、一本滑って見せてください。」といわれて、おっ、みんな既に数回滑っている中で、自分はシーズン1日目だが大丈夫か…と思ったが、「シーズン1日目にしてはよいですね、ここガチガチに固まっていて滑りにくいはずなんですよ。」と言われて、多分大丈夫だったんだろうなと肩を撫で下ろす。
一方で、「問題はないんですけど、前後動がないですね。今からこの練習をしましょう。」となり、クロスオーバーの話が始まる。ポイントは次の3つ。

  • クロスオーバー時、ももを立てる。縦に抜重してはダメ。
  • ターンに入る時、腰を低くしつつも弧の内側に内傾して入れる。
  • 外側の脇はきちんと締める。

これ、割と難しい。「完成したらテクニカルレベルです」と言っていたので、1級をまだ取れていない自分はできなくても不思議ではなく、できるようになったらワンチャンあるのでは、と思わせるものであった。
実際やってみると「あー、クロスオーバーの時、縦に抜けてますね。ももを立てるんです、こうやって(と言われつつ静止状態で姿勢を直される)。」や、「X脚になってます(これだと両方のインエッジが立ってしまって制動が難しくなる)、足の幅は問題ないのですが、この場合はもう少し閉脚にするか、意識して縦に踏むようにがんばってください。」と指導を受けた。
ではプルークスタンスでやってみましょう、となってやってみたところ、自分ともう一人が「しっかり外足に乗れて良いプルークボーゲンなんですが、今はターンオーバーを見せるようにしてください。」と指導を受ける。あっ、できてないというのがわかる。
最後にフリーランで締める際も「3ターン目、ちょっと遅れてました。」と言われて、確かにクロスオーバーを考えすぎて遅れていたのを認めるしかないという状況だった。

というわけで、午前のみで終了。時間はちょっとだけオーバー。

12:15

午前券なので、13:00前までフリーラン。北エリアが空いているので、こちらで練習。今まで外足を中心に滑っていたので、速度コントロールは楽でもちょっと疲れるなと思うことがあった。それが、内傾とクロスオーバーを意識しながら滑ると、あら不思議、スイスイと滑り降りることができる。本当にスイスイと行く。これは発見であった。

念のため、北エリアの奥にある緩斜面でプルークスタンスでも練習してみる。これも、先ほどよりはちょっと良くできたのではないかと思う。ちなみに、北エリアの奥の緩斜面は空いていて、コソ練におすすめ。

最後に、ジジを気持ちよく降りて終了。この頃になると、バーンは少し緩んで滑りやすい状況であった。

13:00

滑走終了。いつも通りスキーセンターに降りてお昼を食べる。豚汁定食、1,150円。

13:38の新幹線に間に合う時間ではあったのだが、帰りはマル契の指定席特急券だったので、変更ができない。仕方なく、14:35のMaxたにがわ 176号の時間まで、スキーセンター 3Fの座敷で昼寝をする。今度から13:38でいいな。

14:35

Maxたにがわ 176号で帰宅。改札が、自動改札対応の人と、JR East PassやJapan Rail Passを持つ人(有人改札)の列で分けられていた。ここ数年、列が少し混乱気味だったので、この判断は助かる。

指定席 1Fはほぼ貸し切り状態。誠に快適。一方、自由席はJR East PassやJapan Rail Passを持った外国人観光客で大変な賑わいだったようだ。

おまけ

今シーズンから、移動時に使う荷物入れをカートからリュックに変えました。このリュック、なんとスキーブーツとヘルメット、そして日帰りに必要な最低限の道具を全てしまうことができます。駅での移動でカートを引くより機動力もあり、ロッカーや網棚(ただしE4系Maxは無理)にも収容できて便利です。しかし、Amazonだとヴィクトリアより2,000円近く安いじゃないの、なんてこった。

まとめ

  • ターンオーバーをマスターすれば上級者の仲間入り
  • 筋肉がない人にとっての筋トレは正義 (諸説ありますが筋肉がない人は一考の価値があります)
  • 背負うタイプの鞄は機動力が高くてよい

滑走日報 - 3/31なのにパウダースノー

今日って3月31日、明日から4月なんです。なのに地吹雪が伴うパウダースノーですよ。驚きですね。

IMG_8792

2019/03/31(日)

サマリー

9:00

栂池高原スキー場 鐘の鳴る丘ゲレンデ前の駐車場に到着。リフト券料金は春料金 3,700円でちょっとお得。ただ、ちょっと晴れていて、ゲレンデには地肌が見える状況だった。これ大丈夫かなーという不安がよぎる。

IMG_8781

とりあえず、丸山ゲレンデへ上る。天候が雪に変わり、重めの雪が降りっぱなしになっていた。これはこれで滑りにくそう。
そして、ゴンドラに乗って上部へ。なんと、栂の森ゲレンデに行くと、雪は乾いていて、かつパウパウである。季節が1ヶ月以上戻ったのではと感じるには十分な天候であった。

IMG_8786

とりあえず、雪質の良い栂の森ゲレンデ〜ハンの木ゲレンデを回すことにした。人も多くなく、疲れづらく大変よい。ただし、たまに地吹雪が吹いてクッソ寒い。なお、馬の背はやめておいたほうがいいというアドバイスを受けたのでやめた。

一度、ゴンドラの麓駅まで下ったが、途中にアイスバーンや雪面が剥がれている場所があり、気をつけて滑らないといけない部分もあった。なので、やはり上部で滑ろうという話に落ち着いた。

13:15

早めに上がって、ご飯を食べてお風呂に入ろうという話をした。滑走終了。

14:00

ぽかぽかランド美麻に、昼飯とお風呂を食べに来る。サウナ 100度前後、水風呂 12.6度前後。3セット回して整える。昼飯はジビエのコロッケ定食をいただく。

IMG_8795

17:09

レンタカーを返して、あさま 628号で家路につく。自由席だったが、軽井沢からの立ち席がすごかった。年度末で移動する人も多いのだろうか。

まとめ

  • 3月31日でパウダーに恵まれるのは珍しいこと。貴重な体験をした。
  • 栂池高原スキー場の麓は広くゆったりしたバーンがあるので、ハイシーズンは初心者に良さそう。
  • 駐車場は、ゴンドラの麓駅近くは便利だけれど結構混んでいて入るのが大変。