週刊 スポーツこえむ

スキーと自転車の事を綴ったブログです

滑走日報 - 2019-2020シーズン シーズンイン

今年の雪の少なさは異常ですね。昨年末にシーズンインできなくて、いつの間にか1月中旬になってしまいました。

f:id:koemu:20200111083547j:plain

2020/01/11(土)

サマリー

  • 場所: GALA湯沢スキー場
  • 天候: 快晴
  • 気温: -3.8度
  • 積雪: 110cm
7:40

とき 301号→たにがわ 71号でGALA湯沢駅に到着。3連休初日で、指定席が取れず、始発のときの自由席で越後湯沢駅まで行き、そこからガーラ湯沢行きに乗り継ぐ。たにがわ71号は自由席が3両しかなく競争も激しそうだったので東京駅からは乗ることはしなかった。新幹線特急券は、通常は通しで使えるのでこういう技が使える。

今年は雪が少なく、ガーラ湯沢スキー場でさえオープンが年末までずれ込んでいた。そして、南エリアも今日からようやくオープン。越後湯沢周辺では、麓までオープンできていないスキー場がまだあるらしく、本当に悲惨である。

8:00

滑走開始。とりあえず滑り出したところ、ブッシュとかは出ていなかったので安心する。しかし、3月を思わせるような暖かい晴天と、ガリガリのバーン。通常、1月というと吹雪いていて寒いものなのだが、今年は違う。

一方で、秋から始めた筋トレの成果をひしひしと感じる。通常、自分のシーズンインは板が踏み込めなくてふらふらするのが定番だったのだが、今年は違う。軽くプルークボーゲンでポジションを確認した後、エンターテイメントコースを一気に滑り降りると、外足がしっかり踏み込めるし、何より怖くない。

10:00

今年もスキースクールへ入校。上級コースを選んだ。今年はスキースクールの建物が建て替えられ、集合場所がほんの少しだけ変わっていた。まあ、例年通っている人は迷うことはない場所ではある。しかし、スキースクールの建物に移った受付(ゴンドラを出て左だったのが右になる)が狭くなってしまい、めっちゃ並んでいて少々困ったりした。

今回のメニューは、クロスオーバーと外傾である。人が多すぎて2グループに分かれてスタート。
「まずはみなさん、一本滑って見せてください。」といわれて、おっ、みんな既に数回滑っている中で、自分はシーズン1日目だが大丈夫か…と思ったが、「シーズン1日目にしてはよいですね、ここガチガチに固まっていて滑りにくいはずなんですよ。」と言われて、多分大丈夫だったんだろうなと肩を撫で下ろす。
一方で、「問題はないんですけど、前後動がないですね。今からこの練習をしましょう。」となり、クロスオーバーの話が始まる。ポイントは次の3つ。

  • クロスオーバー時、ももを立てる。縦に抜重してはダメ。
  • ターンに入る時、腰を低くしつつも弧の内側に内傾して入れる。
  • 外側の脇はきちんと締める。

これ、割と難しい。「完成したらテクニカルレベルです」と言っていたので、1級をまだ取れていない自分はできなくても不思議ではなく、できるようになったらワンチャンあるのでは、と思わせるものであった。
実際やってみると「あー、クロスオーバーの時、縦に抜けてますね。ももを立てるんです、こうやって(と言われつつ静止状態で姿勢を直される)。」や、「X脚になってます(これだと両方のインエッジが立ってしまって制動が難しくなる)、足の幅は問題ないのですが、この場合はもう少し閉脚にするか、意識して縦に踏むようにがんばってください。」と指導を受けた。
ではプルークスタンスでやってみましょう、となってやってみたところ、自分ともう一人が「しっかり外足に乗れて良いプルークボーゲンなんですが、今はターンオーバーを見せるようにしてください。」と指導を受ける。あっ、できてないというのがわかる。
最後にフリーランで締める際も「3ターン目、ちょっと遅れてました。」と言われて、確かにクロスオーバーを考えすぎて遅れていたのを認めるしかないという状況だった。

というわけで、午前のみで終了。時間はちょっとだけオーバー。

12:15

午前券なので、13:00前までフリーラン。北エリアが空いているので、こちらで練習。今まで外足を中心に滑っていたので、速度コントロールは楽でもちょっと疲れるなと思うことがあった。それが、内傾とクロスオーバーを意識しながら滑ると、あら不思議、スイスイと滑り降りることができる。本当にスイスイと行く。これは発見であった。

念のため、北エリアの奥にある緩斜面でプルークスタンスでも練習してみる。これも、先ほどよりはちょっと良くできたのではないかと思う。ちなみに、北エリアの奥の緩斜面は空いていて、コソ練におすすめ。

最後に、ジジを気持ちよく降りて終了。この頃になると、バーンは少し緩んで滑りやすい状況であった。

13:00

滑走終了。いつも通りスキーセンターに降りてお昼を食べる。豚汁定食、1,150円。

13:38の新幹線に間に合う時間ではあったのだが、帰りはマル契の指定席特急券だったので、変更ができない。仕方なく、14:35のMaxたにがわ 176号の時間まで、スキーセンター 3Fの座敷で昼寝をする。今度から13:38でいいな。

14:35

Maxたにがわ 176号で帰宅。改札が、自動改札対応の人と、JR East PassやJapan Rail Passを持つ人(有人改札)の列で分けられていた。ここ数年、列が少し混乱気味だったので、この判断は助かる。

指定席 1Fはほぼ貸し切り状態。誠に快適。一方、自由席はJR East PassやJapan Rail Passを持った外国人観光客で大変な賑わいだったようだ。

おまけ

今シーズンから、移動時に使う荷物入れをカートからリュックに変えました。このリュック、なんとスキーブーツとヘルメット、そして日帰りに必要な最低限の道具を全てしまうことができます。駅での移動でカートを引くより機動力もあり、ロッカーや網棚(ただしE4系Maxは無理)にも収容できて便利です。しかし、Amazonだとヴィクトリアより2,000円近く安いじゃないの、なんてこった。

まとめ

  • ターンオーバーをマスターすれば上級者の仲間入り
  • 筋肉がない人にとっての筋トレは正義 (諸説ありますが筋肉がない人は一考の価値があります)
  • 背負うタイプの鞄は機動力が高くてよい

滑走日報 - 3/31なのにパウダースノー

今日って3月31日、明日から4月なんです。なのに地吹雪が伴うパウダースノーですよ。驚きですね。

IMG_8792

2019/03/31(日)

サマリー

9:00

栂池高原スキー場 鐘の鳴る丘ゲレンデ前の駐車場に到着。リフト券料金は春料金 3,700円でちょっとお得。ただ、ちょっと晴れていて、ゲレンデには地肌が見える状況だった。これ大丈夫かなーという不安がよぎる。

IMG_8781

とりあえず、丸山ゲレンデへ上る。天候が雪に変わり、重めの雪が降りっぱなしになっていた。これはこれで滑りにくそう。
そして、ゴンドラに乗って上部へ。なんと、栂の森ゲレンデに行くと、雪は乾いていて、かつパウパウである。季節が1ヶ月以上戻ったのではと感じるには十分な天候であった。

IMG_8786

とりあえず、雪質の良い栂の森ゲレンデ〜ハンの木ゲレンデを回すことにした。人も多くなく、疲れづらく大変よい。ただし、たまに地吹雪が吹いてクッソ寒い。なお、馬の背はやめておいたほうがいいというアドバイスを受けたのでやめた。

一度、ゴンドラの麓駅まで下ったが、途中にアイスバーンや雪面が剥がれている場所があり、気をつけて滑らないといけない部分もあった。なので、やはり上部で滑ろうという話に落ち着いた。

13:15

早めに上がって、ご飯を食べてお風呂に入ろうという話をした。滑走終了。

14:00

ぽかぽかランド美麻に、昼飯とお風呂を食べに来る。サウナ 100度前後、水風呂 12.6度前後。3セット回して整える。昼飯はジビエのコロッケ定食をいただく。

IMG_8795

17:09

レンタカーを返して、あさま 628号で家路につく。自由席だったが、軽井沢からの立ち席がすごかった。年度末で移動する人も多いのだろうか。

まとめ

  • 3月31日でパウダーに恵まれるのは珍しいこと。貴重な体験をした。
  • 栂池高原スキー場の麓は広くゆったりしたバーンがあるので、ハイシーズンは初心者に良さそう。
  • 駐車場は、ゴンドラの麓駅近くは便利だけれど結構混んでいて入るのが大変。

滑走日報 - タダ券だけれども今日は雨

@earth2001y さんと滑りに行く約束をしていたので、年度末も年度末、白馬に滑りにやってきました。

IMG_8767

2019/03/30(土)

サマリー

  • 場所: 白馬五竜スキー場・Hakuba 47 スキー場
  • 天候: 雨 (上部は雪)
  • f:id:koemu:20190404181149p:plain
10:00

かがやき 503号→レンタカーを乗り継いで、白馬五竜スキー場 とおみゲレンデに到着。お客さん結構いてびっくり。
今日は僕がタダ券を持っているので、リフト券は実質半額。素晴らしい。このときの天候は、かろうじてくもり。

10:30

軽くとおみゲレンデを滑って体を温めたあと、ゴンドラに乗ってアルプス平ゲレンデへ。
風も伴い、天候がみぞれに変わってきて、アルプス平ゲレンデにあがったあとにリフトに乗ると顔が痛い。早々に47側に移動することとした。
しかし、Route 1上部はそこそこ凍っており、滑るのがしんどい。そして、下ったら下ったでスノーボードアルペンの大会をやっていて、林間コースで回避しながら降りていくしかない。
仕方ないので、白馬五竜スキー場のとおみゲレンデに戻ることにした。

12:30

昼食タイム。肉味噌丼を喰らう。

13:30

ビデオ撮影タイムにしようと提案をして、とおみゲレンデ横の空いているゲレンデで撮影タイム。

まずは、先週うまくいかなかったバリエーショントレーニングの滑りを自分がやってみたらどうなるか見てみたかったので、撮影。こりゃだめだ、板に乗れてない。何が悪いかよくわかった。

IMG_8777

koemu.hatenadiary.jp

続いて、シュテムターンからのパラレルターンの練習。このくらいの斜度だと普通に滑っているようには見えるんだが、力強さがないのが気になる。

IMG_8779

そうしているうちに、雨が強くなってきた。

14:45

雨も強くなってきたし、もう帰ろうということにした。今日は @earth2001y さんの実家に宿泊。庭で採れたというふきのとうの天ぷらが美味しかった。

まとめ

  • やっぱりビデオ撮影で現状を確かめるのは重要。
  • 雨は辛い。

滑走日報 - やっぱり習いにいくことにした

今日も午前の半日だけGALA湯沢スキー場へ。

IMG_8741

2019/03/24(日)

サマリー

  • 場所: GALA湯沢スキー場
  • 天候: 晴
  • 気温: -3.4度 (AM 5:40)
  • 積雪: 240cm
7:59

Maxたにがわ 73号で到着。いつも通り身支度をする。

8:30

3月も末なのに湿った雪がしっかり降っている。足元の感覚を確かめながら淡々と滑る。淡々と滑りすぎていて物足りなかったので、今日もスクールへ入ろうと思い立つ。

10:00

スクールへ。

まずは、片足で立ったときに、外・真ん中・内を向いた際、どの向きが向きやすいかを確認。僕は内と答えたが、正解は外。1・2・3とステップを踏んで片足で立ちつつ外を見るというのをやったが、意外にうまくいかない。うまくいかないというか、そういう癖が付いてしまっている。

続いて、言葉で説明するのが難しいので、同じバリエーショントレーニングをしている動画で紹介。これのバリエーション1に取り組む。インストラクターさんの言うような、板の反発があまり感じられない。それどころか、右外足左ターンのときにコケる。やっぱり悪い癖が付いている。うまくいくと、きれいに反発がきて、緩めて、また反対の足に反発が来て…というのが繰り返せるようになるらしい。

そしてシュテムターン。実は真面目にシュテムターンを習ったのは今回が初めて。最初、すごくやりづらさを感じて、インストラクターさんもそれを見抜いていた。もっと早く板を開く動作をするとよいと指導を受けやってみたところ、うまくいくようになった。これ、ターンの始動のタイミングが遅いのでは疑惑が上がってきている。

そして、リクエストしていたベンディングターンもお願いしたのだが、さっきのバリエーショントレーニングがさっぱりであまり深く理解することができてなかった。板を踏み込むってのが全然うまくできない。コブを克服する道はまだまだ遠い。

最後にグループで滑って、仕上げる。

12:00

先の動画でも紹介されているバリエーショントレーニングがさっぱりだったので、自分でやってみる。確かにうまくいくとぐいっと反発が来るのがわかるんだが、それに跳ね飛ばされそうになったり、逆にかかりっぱなしで外れないという状況になる。うまくいかない。

あわせて、シュテムターンを練習。こちらは安定度が増してきて、楽に滑ることができるようになってきた。

12:30

滑走終了。のり弁当定食を食べる。

13:38

たにがわ 74号で帰宅。なんと、新車のE7系 とき色が来ていた。ラッキー!

IMG_8746

まとめ

  • どうもターン後半に外向きではなく内向きに体を動かす悪い癖が着いているので直さないといけなさそう。
  • シュテムターンを滑り込んで、流れをきれいに作れるようにしていきたい。
  • 上越新幹線にもとうとうE7系が登場。スキーラックの場所に注意。

滑走日報 - 今年も仙台の同僚と滑りに行く

今日は、会社の仙台オフィスのメンバーと一緒にスノー部の部活動に参加。ある同僚が退職してしまうので、送別会という意味合いもありました。

IMG_8592

2019/02/17(日)

サマリー

  • 場所: 宮城蔵王えぼしリゾート
  • 天候: 雪 時々 晴
  • 気温: -7.0度
  • 積雪: 120cm (石子ゲレンデ)・90cm (高原ゲレンデ)
8:00

昨夜はキュア国分町というサウナ&カプセルホテルに宿泊。そこに同僚に迎えに来てもらって出発。途中で、別の同僚をピックアップ。

10:00

スキー場到着。

雪質は、軽めの雪が降った状況で非常に良いコンディション。同時に、その下には雪が溶けてその後に凍ったバーンがあり、よくエッジがかかるがコケたら痛そうだった。

とりあえず、準備運動を兼ねてフリーランをする。みんな普通に滑られる人なので、気を使わなくて良い。

IMG_8589

11:00

用事があった主賓到着。合流して引き続きフリーラン。

12:00

同僚の1人のスノボのビンディングの部品が飛んだらしく、修理のため一旦休憩。その際、時間がかかるだろうと思って先にカレーを食べていたら、すぐに終わったらしい。かきこむ。ちなみに、よく煮込まれていておいしかった。

その後はまたフリーランに戻る。

IMG_8604

13:00

改めて昼食の時間。僕は飲み物を飲んで休憩。

昼食後は、スノボ組はトリックの練習。スキー組はコブの練習。自分のコブの滑りの状態を同僚のGoProで撮ってもらったのだが、これはひどい。吸収動作が全くできてない。これだと発射して当然だな。

GH010339

15:30

滑走終了。その後、スキー場近くの「まほろばの湯」で疲れを癒やす。

19:00

送別会の2次会(?)ということで、仙台駅近くで日本酒とセリ鍋を食べる。セリ鍋はうまい!十四代も最高!!

21:30

終電の新幹線(はやぶさ・こまち 42号)に乗って、仙台を発つ。良い週末だった。あっという間に上野駅に着いてしまった。

今日のまとめ

  • 仙台には、車で1時間くらいで行ける、雪質の良いスキー場が身近にある。
  • 仙台で飲む日本酒と、セリ鍋はうまい。
  • 昨年同様、物理的に離れているけど、一緒になると知ることができる仕事の情報があるってのを理解した。