読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊 スポーツこえむ

スキーと自転車の事を綴ったブログです

滑走日報 - 聖地巡礼

スキー 記録

大変お恥ずかしながら、これだけスキーをしているのにも関わらず、八方へは一度も足を運んだ事がありませんでした!ええ。自分の技術もようやく八方で楽しめる水準になりましたので、満を持してスキーの聖地へ足を運ぶ事としました。

■サマリー
・場所: 白馬八方尾根スキー場
・天候: 雪
・気温: -8度 (朝8時)
・積雪: 240cm

IMG_0275

■レポート
・6:00
修士論文の最終発表・口頭試問を終えた後、新宿発の夜行路線バスに乗り、八方インフォメーションセンターに到着。夜行バスはどうも慣れない…。とっとと着替えて、白樺ゲレンデのゴンドラ乗り場へ向かう。
・7:30
ゴンドラ アダム 運行開始。さらにアルペンクワッドを乗り継ぎ、一気に名木山ゲレンデまで降りる。雪がしんしんと降り続き、滑っているときは何ともなくとも、リフトに乗っていると寒い。
・9:00
国際第三ペアリフト沿いに移動。標高が高い所に、広々としたバーンがある。練習になかなか良いな…と思っていたら、どんどん混んできた。そのうち、人がポールに見えるくらいに混み始めたので、咲花ゲレンデに降りた。さすが2月の3連休だ。
IMG_0281
・10:30
黒菱ゲレンデまで再び登り、カフェテリア黒菱で早めの昼食。この時点で食堂は空いていたが、1時間後には大混雑していた模様。立田揚げ定食をがっついた。その後、リーゼングラートまで登ったのだが、辺りが真っ白すぎて酔ってしまい、早々と下り黒菱で楽しむ事にした。
・12:30
あまりに人が多いので、スカイライン第二ペアリフト沿いを下り、咲花ゲレンデを通り、連絡コースを経由して白樺ゲレンデへ向かう。スカイライン第二ペアリフト沿いはすり鉢状になっていて、何回か滑り込むと面白いかもと思ったが、今日は混雑が激しいのでやめておいた。
・13:30
白樺ゲレンデで、SAJ 一級の検定が行われていた。スキーが好きな人ならご存知かもしれないが、八方の検定は採点が非常に厳しく、かつ滑走後直ちに得点が公表され、スパルタンな点で有名である。しばらく見学していたのだが、「ここまできれいに滑らないと70点(=合格点)にならないのか」と驚愕した。一級への道のりはなかなか厳しい事を悟る。それにしても、ギャラリーが多いな…
F1000003
・14:30
比較的空いていた名木山の壁で練習。八方の中では短めのバーンだが、広々とした程よい斜度でバリエーショントレーニングがしやすい。また、ここではSAJ 二級の検定が行われていた。
・16:00
せっかくなのでもう一度リーゼンスラロームコースを滑り、滑走終了。それにしてもよく滑った。広々としたゲレンデを巡っていたらあっという間に1日が終わってしまった。
・16:30
着替えた後、八方インフォメーションセンターの向かいに温泉があるので足を運んだのだが、混んでいたので入るのは諦め、併設されている足湯で休憩した。続いて、交差点の向かいのカフェがに足を運んだ。お酒も出せる模様。いい雰囲気だったので、滑った後に行くといいかも。サルサドッグが大きくてびっくりした。
IMG_0294
・17:30
新宿行きの高速路線バスに乗り込み、家路につく。途中、混雑していて1時間遅れの23:30に新宿駅に到着。終電まで残り30分であったので、ヒヤッとした。次回は1本早めのバスか、新幹線で帰った方が良いのではと思った。

■今日のまとめ
聖地巡礼は問題なく完遂した。
・八方はスキーヤーが多い。
・八方インフォーメーションセンターの付近にくつろげるスポットがあるので、利用されたし。

■備考
・次回は3月以降に兎平でコブの練習をしたい。
・初心者を連れてこない方が良い。咲花ゲレンデ以外は中・上級者向けばかりである。なお、咲花ゲレンデ専用のリフト券「デビューチケット」(2,000円)がある。