読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊 スポーツこえむ

スキーと自転車の事を綴ったブログです

滑走日報 - 基礎板で膝パウ

安比高原スキー場の旅も3日目、最終日となりました。この日は夜にかけてザイラー上部にグルーミング後10cm程度の新雪が降り、日中は風もなくとても過ごしやすい、絶好のスキー日和となりました。

IMG_1866

■サマリー
・場所: 安比高原スキー場
・天候: 晴
・気温: -9度 (9時)
・積雪: 100cm (圧雪後)

■レポート
・7:00
起床。今日は、全員積極的に起きた(笑)。何があるかがもうわかっているからだろう。急ぎバイキングの朝食をとり、支度をする。
・8:30
「おはようございます」のアナウンスとともに、今日もハヤブサを朝イチで滑る。昨日よりもコンディションがよい!火曜日だからさらに人も少ない!!最高!!!
ぜひ、行かれる方はバシバシと板をたわませてカービングしていただきたい。
IMG_1867
・9:00
ザイラーへ。ザイラーロング、ザイラーCを滑る。ザイラーCは特に気持ちいい。
そして、第二ザイラーへ。膝パウの中を全員が基礎板で突入*1。その中を、やはり先生はすいすいと滑り降りる。しかし自分はずっこける。先生から「後傾だからストックを前に持つように」とのアドバイスをいただく。いきなりうまく行くようになる。どうやら気づかずにビビっていたらしい。
・11:00
頭が痛くなってきたのでポカリスエットを調達して、回復*2。続いて、西森ゲレンデへ。
やはり火曜日と言う事もあり、まだまだ膝パウが食える。西森は吹きだまりになるので、みんなが好きになるのもよくわかる。
PICT0031
・13:00
昼飯を食べ、更に第二ザイラーへ。荒れ始めたとはいえ、コブは育っていない。引き続き新雪を楽しむ。休日ではできない、平日の特権だ。
IMG_1896
・14:00
そろそろ終わろうということで、最後はカッコウへ。
IMG_1829
最後はももがへろへろになっていて、カービング出来る余力がもう無くずらして滑った。しかし、第二ザイラーで滑った成果が出ているようで、ずらしがうまくなった気がする。
・14:30
滑走終了。「もう1本行けるじゃん」と言う意見もあったが、ケガが起きるのは「最後の1本」である事は有名。そして、今回は1日目でケガ人が出てしまっていた。僕も行きたいが、最後は楽しく終われるようこのような形にした。
お風呂に入り、疲れを癒す。
・17:15
ホテル安比グランドを出発。名残惜しい…
・18:41
はやて38号で東京へ戻る。東京は、次の日は雪だ。

■まとめ
・基礎板でもパウダーは食える。滑り方があるんだ、滑り方が。でもセミファットが欲しい。
・グルーミングも、パウダーも、そしてコブも、すべてあるのが安比
・最後の一本は、心を鬼にしてやめること。

■備考
カービングの板を使っていると、ずらしがいい加減になっていることがわかる。ずらせないと不整地はうまくこなせないので、改めて練習しよう。
Flickr: Your stuff tagged with 安比高原スキー場
安比の雪日記 - 安比の歴史に詳しいページがある
・コースナビゲーションは個人的にうまく行ったと思っている。これは、昨年はナビゲーションしてもらった立場にあったからである。感謝。
PICT0025

*1:僕はOGASAKAのKeo's

*2:運動中に頭痛がすると僕はスポーツドリンクを飲んで回復させています 意外に効果があります