読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊 スポーツこえむ

スキーと自転車の事を綴ったブログです

滑走日報 - スキーヤーの楽園 志賀高原

スキー 記録

昨日の吹雪から一転、今朝はピーカンのスキー日和!志賀高原名物 スキーサーカスに出かけます。
せっかくですので、滑っている間に案内をしてくれた @earth2001y さんのtweetを添えてお送りします。

IMG_2221

■サマリー
・場所: 志賀高原 エリア
・天候: 晴 時々 雪
・気温と積雪

スキー場 気温 積雪 時刻
志賀高原 -13度 270cm 9時
焼額山 -13度 270cm 16時
一の瀬山の神 -14度 200cm 8時
一の瀬ダイアモンド -14度 200cm 8時
一の瀬ファミリー -14度 200cm 9時
タンネの森 -14度 200cm 8時
寺小屋 -13度 220cm 9時
高天ヶ原 -14度 180cm 9時
東館山 -13度 220cm 8時
西館山(上) -14度 170cm 8時
西館山(下) -10度 160cm 8時
発哺ブナ平 -10度 170cm 9時
ジャイアント -10度 170cm 8時
蓮池 -10度 160cm 9時
丸池 -14度 160cm 8時
サンバレー -14度 160cm 8時

■Skilineデータ
※クリックすると、リフト乗車時刻と滑走状況がわかります。

■レポート
・7:30
「おお、今日はピーカンだ!」という先生の一声で目覚める。すごい、昨日の吹雪が嘘のようだ。
・8:30
一の瀬ファミリー→一の瀬ダイアモンド→一の瀬山の神→焼額山と巡る。


本当はすぐに奥志賀高原へ行こうとしたのだが、ゲートが開いておらず一旦移動を見合わせる*1。ところが、これが思わぬ結果を生む。昨日の吹雪のおかげで、パウダー祭り状態だったのだ!しばらくパウダーで遊ぶ。
IMG_2204
・9:30
志賀高原へのゲートが開いたので、早速移動。
圧雪したてのダウンヒルコースを一気に下る。これは安比以来のしびれるバーンだ!続いて、高速ペアがかかる方をのんびりと下る。雪質は抜群である。なお、奥志賀高原スノーボーダーがいないこともポイント。
IMG_2237
・10:50
志賀高原→焼額山→一の瀬山の神→一の瀬ダイアモンド→一の瀬ファミリー→寺小屋へ。

途中、昨日はパウダーだった焼額山のブナコースは圧雪されており、二度おいしい状態になっていて面白かった。寺子屋はちょっと雪面が固かったが、それは奥志賀高原が良すぎて贅沢になっているのだと思った。
・11:15
寺小屋→高天が原→東館山へ。
志賀高原は、リフト乗り継ぎ時に所々登りがあって、ちょっとしんどい。
・11:30
東館山→発哺ブナ平→ジャイアントへ。

ここは、一気に下る。人も多くなく、かつ昨日の吹雪のおかげで雪質がよく、斜面のコンディションが非常に良い。最高!
※ジャイアントのバーンは午後に行く事になります。
IMG_2252
・12:00
ジャイアント→蓮池→丸池→サンバレーへ。
2時間弱で、標高2,000mから1,300m、距離にして何キロだろう…を下ってきた事になる。当然、腹も減るので飯にする。GREENさんにお世話になり、ここで定食をいただく。なかなか気合いが入っている。
IMG_2265
・12:40
再スタート。サンバレーのクワッドを1本回す。
その後、蓮池に移動しようとしたら…なんと、スキーの文化財に指定されそうな「ロープトゥ」なるものが登場した。自分たちのグループは問題なく利用したが、ボーダーが次々に脱落して行く様はちょっと凄かった。
IMG_2272
・13:00
ジャイアントへ移動。
ここで、先ほど教えてもらった名物バーンを滑る。広い。とにかく広い。しかし、吹雪いてきて寒い。
IMG_2274
・13:20
西館山へ移動。
ここではフーディクワッドを2回回す。西館山大回転コースと西館の壁である。しかし、西館の壁は圧雪されていて普通だった。ちょっと期待はずれ。
・13:45
高天ヶ原へ移動。
先生曰く「ここのゲレンデは風の通り道。寒いのが普通と思った方がいい。」とのことだが、それにしても寒い。写真を撮る気が失せてくるくらい寒い。しかし、右側と左側、それぞれ滑る。この寒さ、昨日を思い出す。
・14:00
一の瀬ファミリーへ戻ってくる。
ナイターでは滑る事ができなかった、上部から2本滑る事にした。上部もなかなか良く、かつバーンはあまり荒れていなかったのがいい感じ。
・14:30
滑走終了。充実した一日であった。
・15:30
長野行きの急行バスで長野駅まで戻る。途中、緊急地震速報が流れて一瞬緊張が走った。到着後、長野駅で晩飯を食べる。
・18:00
あさま 544号で大宮を経由して帰る。大宮経由だと1,300円以上安くてお得なのだ。

■今日のまとめ
・吹雪の後には良いコンディションが待っている
・移動に一部登りがあるので注意
志賀高原を滑り回るとまるで楽園のようである。これはなるほどと感心した。

■備考
・今年、志賀高原ではリフト券システムが更新されたのを機に、Web上でリフト乗車記録を確認する事ができるようになりました。事前に、SkilineiPhoneアプリAndroidアプリ・Webを使えるようにして、使ったリフト券を登録すればOKです。このページのように、記録を公開する事もできます。
志賀高原は古くから開発されたスキー場です。ただ、リフトの減設*2・ダウングレード*3や、旅館の廃業*4等が相次ぎ、特に下のエリアではさみしいくらいの静かさがありました。みなさん、友達と一緒に滑って泊りに行きましょう!
IMG_2261

*1:あと僕がミスコースして第2ゴンドラへ向かったのも理由のひとつ…

*2:志賀高原ゴンドラが無くなった

*3:ジャイアントの高速リフトがペアリフトにダウングレード

*4:サンバレー周辺が著しい