読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊 スポーツこえむ

スキーと自転車の事を綴ったブログです

滑走日報 - 猛吹雪とゼミとかけて、そのこころは…厳しい!

スキー 記録

今日からガッツリ滑るぞ!と思ったら…何ですか、これは猛吹雪です。いやー、たまらんたまらん!
IMG_2171

■サマリー
・場所: 志賀高原 焼額山スキー場
・天候: 吹雪
・気温: -15度 (8時)
・積雪: 270cm

■Skilineデータ
※クリックすると、リフト乗車時刻と滑走状況がわかります。

■レポート
・7:30
起床。外を見ると…雪がゴン降り。一の瀬では風が吹いているようには見えなかったのだが、周囲では猛吹雪となっているという情報が入る。リフトも「天候回復待ち」表示が相次ぎ、どうしようかという話になった。
・9:30
一の瀬ダイアモンド・一の瀬山の神のリフトが動き出し、かつ焼額山はリフトが動いているという情報を聞きつけ、滑走開始。一の瀬ファミリーはリフトが動く気配が全くない。視界は200m、リフトの支柱が2〜3本見える程度である。
・10:00
焼額山は圧雪した上に膝まで雪が積もり、全域パウダー状態。しかし、吹雪で寒くてたまらない。第2ゴンドラは運休となっているため、第1ゴンドラまで行く。しかし、人が集中して10分待ちである。パウダーゾーンは楽しめるのだが、グルーミングバーンはちんたらと滑るのが関の山である。
IMG_2165
・11:30
プリンスホテル 東館で昼飯。カレーライス 1,400円。ぬぬぬ、プリンスホテル価格である。ただ、ゆっくりできる。
・12:30
滑走再開。リフトも空いてきて少し余裕ができた中で、ちょっと面白い場所を見つけた。東館に近い、ブナコースである。通常、グルーミングされる場所という事なのだが、この日は完全パウダーゾーンだった。それも、斜度がきつくなくオリンピックコースより空いていると来た。エキスパートコースの壁っぷりにビビっていた自分にはちょうどいいw 何回か楽しませてもらった。
・14:00
寒すぎるので、プリンスホテル 西館でコーヒータイム。西館は東館より庶民向けである。
その後、もう少し西館周辺で遊ぶ。
・15:00
他のゲレンデのリフトは吹雪で運休と相成った模様。
こりゃもういいだろうという事になり、あがる事にした。ぶるぶる震えながら、一の瀬へ戻るのであった。
・16:00
ゼミタイム 前半。吹雪の後も別の意味で厳しい一日である。
・18:00
夕飯。土曜日はバイキング+しゃぶしゃぶであったが、日曜日はみそ鍋。ちゃんと配膳されてゆっくり食べられる。これで志賀一井ホテルは2泊3日 リフト券2日分つきで22,300円である。価格と価値がいい感じでバランスがとれている。
IMG_2190
・19:00
ゼミタイム 後半。勉強熱心なゼミでしょう、へい!

■今日のまとめ
・この時期は吹雪になっても仕方がない。吹雪の後でグッドコンディションに…なってほしい。
・吹雪になるとほとんどのエリアで滑る事ができない。今回は焼額山の第1ゴンドラが動いていただけましだった。
・リッチに泊るならプリンスホテル、リーズナブルに過ごすなら一の瀬エリアである。

■備考
・寒い日、特に吹雪くような日は、携帯電話・スマートフォンが寒くて動かなくなります。対策として、ポケットにミニカイロと一緒に入れておくといいですよ。このおかげで、携帯が途中で動かなくなるトラブルが無くなりました。
IMG_2284