読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊 スポーツこえむ

スキーと自転車の事を綴ったブログです

滑走日報 - 最高と最悪

今まで足を運ばなかったスキー場第二弾!今回は志賀高原へ2泊3日で足を運んでいます。とはいえ、これは大学院の合宿ゼミも兼ねているんですよ。

■サマリー
・場所: 志賀高原 一の瀬ファミリー・一の瀬ダイアモンド スキー場
・天候: 晴
・気温: -10度くらい? (19時)
・積雪: 200cm(一の瀬ファミリー・一の瀬ダイアモンド)

IMG_2137

■Skilineデータ

■レポート
・15:00
池袋から高速バスで長野を経由し、志賀高原 一の瀬にある志賀一井ホテルに到着。しばらく、ゼミタイム。その後、晩飯を食べる。
・18:30
歩いて一の瀬ファミリースキー場へ到着。ナイター料金は2,000円で一の瀬エリア限定。すごい、バーンが整備し直され、かつ無風の中でキーンと冷えた空気がバーンを引き締めていた。そして、人がほとんどいない。こうなれば、やる事は一つ。無心でカービングをキメ続けることである。
そうそう、動いているピステンを初めて観た。なかなかの迫力である。
IMG_2136
・19:30
体があったまったので、一の瀬ダイアモンドスキー場へ移動。少し斜度がついたので、さらにみっちりと滑り込む。人は少し多いが、それでも日中の混雑状態とは比べ物にならない。また、こちらには高速リフトがかかっており、5分以内に1本滑り終えてしまう。澱みなくガンガン滑り込む。
空気中の水分が固まりキラキラしており、空にダイヤをちりばめたような印象的な雰囲気だった。
・20:45
寒すぎて辛くなってきたため、滑走終了。-10度はきっていたはず。帰って、即お風呂に入った。

■今日のまとめ
・ナイターの滑りやすさは特筆できるレベル。
・ナイターには濃そうな人しかいなかった。
・寒すぎたのが参った。

■備考
志賀高原の真価を、僕はまだ知らない…明日をお楽しみに。