読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊 スポーツこえむ

スキーと自転車の事を綴ったブログです

滑走日報 - コブ自主練

今日も有給休暇を取って、春スキー三昧です。コブの練習を中心にやるために神立高原スキー場へ足を運びました。今年は4月13日まで平日にも営業をしているのです*1

IMG_0339

■サマリー
・場所: 神立高原スキー場
・天候: 晴
・気温: +4度 (朝)
・積雪: 270cm

■レポート
・8:30
Maxとき303号で越後湯沢駅まで行き、そこから送迎バスに乗ってスキー場に到着。平日自由席プラン 7,500円とこれまたお得なプランがあったのだ。
支度をして、滑走開始。硫安がまかれてよく整備されたバーンに加え、おととい滑った後にすぐに入れた高フッ素型ワックスがよく効いて、すいすいっと板が滑ってゆく。
・9:30
アップも終わり、モーグルバーンへ。常設のモーグルバーンは雪崩の恐れがあり閉鎖されていたのだが、隣のより急でかつ長いバーンに臨時モーグルバーンができていた。震災直後もモーグルバーンを維持するほどにモーグルバーン整備に力を注いでいる神立高原らしさが出ている。
IMG_0343
傾斜があるといっても、上から中腹まではそれほど斜度がないので大丈夫だ。問題はそのあとで、やっぱりぶっ飛ばされてしまう。うまい人の滑りをよく見ると、きちんとベンディングできている。なるほどと思い、ベンディングに気を付けながら滑り込んでゆく。
・11:00
おなかが空いたのでお昼を食べる。カルビ定食 1,000円也。肉は固いが、逆にこのくらいのほうが食べている感があっていい。その後、ちょっと昼寝をする。
IMG_0335
・12:00
滑走再開。少しアップをした後、またモーグルバーンへ。
IMG_0347
だんだんできなくなってきたものがある…ベンディング時の抱え込みの姿勢だ。もう、ももがへろへろでひざを曲げるのが遅れてしまっているのである。いやはや、こりゃ来シーズンはきちんと下半身を鍛えないとコブは満足に滑ることはできないと悟った。
ちなみに、春の雪は緩んでいるせいかこけても痛くないので、こけるのを怖がらずにモーグルバーンに突っ込んでみるといい。板にはそれなりに傷が入ってしまったが orz
その後は、別のコースでのんびりと春の陽射しを浴びながら滑っていた。春スキーというのは普通に滑っているだけで幸せな気分になれるので、ちょっと滑れる人から玄人までお勧めである。尚、顔に日焼け止めを塗っておくといい。
・14:00
疲れたので、けがをしないうちにあがる。
その後、越後湯沢駅にあるぽんしゅ館の利き酒コーナーで日本酒を飲もうと思ったのだが…なんと!改装中でやっていなかった。これを楽しみに早くあがったのだが意味がなかった。
IMG_0350
やることがなくなりふてくされた自分は、とき328号でとっとと帰ることにした。
・16:15
上野駅着…と思いきや、会社からトラブル発生との電話連絡があり、スキー板を担いで会社に行くことになった。ノートPCを背負って滑ったことがあるが、今度はスキー板を担いで会社に行くことになった。今度は何を担いで仕事をしようか…

■まとめ
・ベンディング重要。斜度が深くなるほど、吸収動作ができなければ飛んで行ってしまう。

■備考
・春スキーはかなりスキー板が汚れます。ワックス切れも早いです。板を大切に使うためには、都度のクリーニングワックス+滑走ワックスの塗り直しをしましょう。
・今、ぽんしゅ館の利き酒コーナーお休みしているので、行こうと思っている人は気を付けてください。
・今回の臨時モーグルバーン、長さと言い斜度と言い案外常設のものよりいいかもしれません。

*1:休日だけならGWまで営業