読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊 スポーツこえむ

スキーと自転車の事を綴ったブログです

滑走日報 - コブ Boot Camp !

スキー 記録

僕はよくスキーに行っていると思っている方は多い、いや、ほぼ全員でしょう。でも、4月以降にスキーってした事が無かったんです。ということで、有休が取れたので滑りに行く事にしました。

IMG_0267

■サマリー
・場所: GALA湯沢スキー場
・天候: 晴
・気温: +2.7度 (6時)
・積雪: 350cm

■レポート
・8:11
たにがわ 401号にてGALA着。6,700円 平日特価プランがあるということでそれに乗じて僕も来たのだが、ヘタな3月の平日よりもお客さんが来ているように見えた。
・8:30
滑走開始。春ということで滑りづらいのかなと思っていたのだが、硫安がしっかり撒かれていてエッジの食いつきがとてもよい。春の陽にも後押ししてもらいながら、気持ちよくアップをこなす。
・10:00
今日もスキースクールに入る。春限定「初めてのコブ」コースに入った。平日特価プランに3割引チケットがついており、なかなかオトクだ。更にびっくりしたのが、今日の担当インストラクターさんは…何と!水落ナショナルデモだった。普段、なかなか教われる機会が無い方がつくということで、朝からすごく得した気分だ。
さて、まだあまり滑り慣れていないコブ*1をイチから学ぶこのコース、5人で講義がスタート。まずは、整地で板をずらす練習からだ。これ、なかなかうまく体をひねる事が出来ない。谷側の腰がしっかり折れているかポイントとのこと。
続いて…はい、コブです。先ずは入りましょう、と言う事なのだが…!
IMG_0296
「おい、どうすんだこれ。」と、恐らく全受講者が感じたに違いない。浅く斜度が15度程度のコブはバンクで乗り切っていた僕だが、先日ここに来た際にこの溝が深いコブがどうにもならなかったというのが、今日の受講理由ではある。
ダメだ、やっぱりビビってしまう。2回ここに来たのだが、うまくいかなかった。他の方も苦心されている。
締めに、上下動の練習を行う。コブを乗り越える際に臍と膝を近づけるようにしっかり体を抱え込んでいくと、板を回しやすく、そして落としやすくなるとのこと。確かに、ぽーんと板を振ってしまう傾向があったのでこれはちゃんとやっておかねばと取り組んだ。
・12:00
午前の講義が終了。いやー、暑くて汗だく。先ず最初に冬に着ている上着を脱いで、下着とウェアだけにした。もうたまらん。
IMG_0277
そして、いつも通り駅まで降りて昼飯。最後は、3階の座敷が空いていたので昼寝をする。この昼寝は30分とはいえ午前消費したパワーを取り戻すのには非常によかった。
・13:15
午後の講義がスタート。
まずは、素早く逆ひねりターンを繰り返しながら縦にずり落ちる練習をこなす*2。ここで、板がきれいに自分でまわって行く事が感じ取ることができるようになる。
そして、すぐにコブへ。徐々にだが、みんなぶっ飛ばなくなってきている。飛んで行っても、横から縦に変わって行っているのだ。ちゃんと斜面を削りながら降りてきている。そんな中、「コブは数をこなさないと!」という水落さんの声に全員背中を押され、何度もコブに入る。間違いなく午後だけで4回は入った。
その上で、僕を含めみんながちょっと伸び悩み始めるとワンポイントアドバイスが入る。板は溝の角度以上に曲げては行けないとか、溝をトレースするように滑るとか、である。悩み始めた時のアドバイスは、とてもスムーズに頭に入ってくる。
そう言ったお話を聞いているうちに、僕も何とかこの深い溝コブを降りられるようになってきた。そんな中でいただいたお話が「降りようとする時に、腰引けちゃってるんですよね。」、僕は「それって、ビビってるってことですか?」と聞いたら「そうです、コブには"気持ち"も大切ですからね!」であった。GALAをはじめとしていろいろなインストラクターさんにスキーを教わったが、精神面の指摘をいただいたのは、初めてだった。
IMG_0294
最後は、完璧ではないにしても、みんな上達していた。僕も、何が悪いかちゃんとわかったことが、大きかった。
ちなみに、通常のレッスンに比べて3割増*3ほど体を動かした。
・15:15
今日の講義、終了。僕と数人は居残り練習に励む。
コブの斜面につくまでに、先ほど練習した素早く逆ひねりを繰り返しながら縦にずり落ちるバリエーショントレーニングをこなす。横に行かずまっすぐに降りられるようになってきたので、ポジションは出始めているようだ。
そして、コブ。うまく行かないパターンが、わかってきた。何よりも大きいのは、ビビって腰が引けるとき。そして、体がちゃんとひねりきれず斜面に対して正面を向いていない時。なるほど、数をこなす事が上達の早道である事は、間違いなさそうだ。
・16:00
春の柔らかな日差しの中を、幸せな気分になってのんびりと滑っていた。これまで、滑っていて肩の力が入っていた*4気がするのだが、今日はよくわからないのだけれど何か幸せだ。
だが、しかし…
IMG_0309
「本日の営業はこれにて終了です」のアナウンス。なんと、春スキー期間は16時で閉店なのだ。やられたー(笑)。のんびりとゴンドラに乗って下山する。
・17:19
3階の座敷で休憩をして、Maxたにがわ338号で帰宅。
2階席でのんびりと夕暮れの車窓を見ながら、ホッとしていた。

■まとめ
・コブはビビったら負け。整地でちゃんと練習できているのだから、後は気持ちの問題*5
・その上で、逆ひねり/ずらし/抱え込み(ベンディング・吸収動作)をマスターする。
・GALA平日 6,700円プランはとってもお得。春は気持ちよく滑ろう。

■備考
・春の雪はブレーキがかかるときいていたのですが、本当にかかるんですね。緩斜面で思わずつんのめるような急ブレーキがかかる事があり、びっくりしました。
・水落さんの指導時における情報量とタイミングが絶妙でした。普段は違う分野で生活していますが、僕も人に技術を伝える時にこうありたいと感じました。
・精神が乱れると、ここまでパフォーマンスが変わるのだなということも、体感しました。スキーを学びにきたつもりなのですが、そこに留まらない、いろいろな事を学ぶ事が出来ました。

*1:今日でスキー生活通算3日目なのだ

*2:後で調べたらこれは「ウェーデルン」ですね 懐かしい響き

*3:当社比

*4:身も心も

*5:まるで琴奨菊関みたい